アパートのメリット

不動産投資をアパートで行なう場合のメリットを考えてみると、建物の価値が下がってきても、土地の価値が残る可能性があるという部分です。
アパートの不動産投資というのはアパートと土地をまとめて購入する場合が多く、これによって建物の価値が下がっても土地の価値は残るという状況が発生するのです。これは考え方によっては十分にメリットになる部分です。

また、上に書いた特徴を持っているのがアパート経営のため複数の部屋数によって空室をカバーすることができるというメリットもあります。
ワンルームマンションタイプの投資の場合はその部屋が空室になるリスクが大きくなっていますが、そのリスクを軽減できるのがアパート経営です。さらに、土地も購入するということは税の対策になるというメリットもあって、相続や贈与税面において有利になることも多いです。

しかし、アパートをそのまま購入することになりますので、家賃滞納のリスクなども部屋数分だけ背負うことになったり、金利の上昇によるあおりを受けやすいといったデメリットも存在します。
このようにアパート経営もメリットとデメリットが存在しておりますので、それらをしっかりと踏まえた投資を行ないたいものです。