マンションのメリット

マンション投資のメリットはマンション投資のタイプによってメリットも異なってきます。
マンション投資の場合は、ワンルームタイプと1棟そのまま購入する方法に分かれて、ワンルームタイプのメリットはなんといっても高額になりがちなマンション投資を少額の投資で始められるという部分でしょう。

また、マンション住まいのメリットをそのまま享受することもでき、セキュリティ面が強化されている物件も多いですし、火災や地震などの災害に強い物件も多いです。しかし、ワンルームタイプの投資の場合は入居者がいなければ一切収入は入りませんので、空室の対応が難しいというデメリットもあります。

1棟そのまま購入する方法については、ワンルームタイプのデメリットである空室の対応が比較的容易であるというメリットがあります。なぜならばひとつの空室を他の部屋で補うことができるからです。
しかし、1棟のマンションを管理するとなるとそれだけ大きなリスクを背負うことになり、景気の影響などをモロに受けやすくなりますし、生活環境の変化による入居率の増減などの影響もワンルームタイプと比べて大きくなっております。

このようにマンション投資といっても種類によってメリット、デメリットは異なってきます。