9月 27

アパートのメリット

不動産投資をアパートで行なう場合のメリットを考えてみると、建物の価値が下がってきても、土地の価値が残る可能性があるという部分です。
アパートの不動産投資というのはアパートと土地をまとめて購入する場合が多く、これによって建物の価値が下がっても土地の価値は残るという状況が発生するのです。これは考え方によっては十分にメリットになる部分です。

また、上に書いた特徴を持っているのがアパート経営のため複数の部屋数によって空室をカバーすることができるというメリットもあります。
ワンルームマンションタイプの投資の場合はその部屋が空室になるリスクが大きくなっていますが、そのリスクを軽減できるのがアパート経営です。さらに、土地も購入するということは税の対策になるというメリットもあって、相続や贈与税面において有利になることも多いです。

しかし、アパートをそのまま購入することになりますので、家賃滞納のリスクなども部屋数分だけ背負うことになったり、金利の上昇によるあおりを受けやすいといったデメリットも存在します。
このようにアパート経営もメリットとデメリットが存在しておりますので、それらをしっかりと踏まえた投資を行ないたいものです。

9月 23

マンションのメリット

マンション投資のメリットはマンション投資のタイプによってメリットも異なってきます。
マンション投資の場合は、ワンルームタイプと1棟そのまま購入する方法に分かれて、ワンルームタイプのメリットはなんといっても高額になりがちなマンション投資を少額の投資で始められるという部分でしょう。

また、マンション住まいのメリットをそのまま享受することもでき、セキュリティ面が強化されている物件も多いですし、火災や地震などの災害に強い物件も多いです。しかし、ワンルームタイプの投資の場合は入居者がいなければ一切収入は入りませんので、空室の対応が難しいというデメリットもあります。

1棟そのまま購入する方法については、ワンルームタイプのデメリットである空室の対応が比較的容易であるというメリットがあります。なぜならばひとつの空室を他の部屋で補うことができるからです。
しかし、1棟のマンションを管理するとなるとそれだけ大きなリスクを背負うことになり、景気の影響などをモロに受けやすくなりますし、生活環境の変化による入居率の増減などの影響もワンルームタイプと比べて大きくなっております。

このようにマンション投資といっても種類によってメリット、デメリットは異なってきます。

9月 16

不動産投資の特徴

マンションとアパートの不動産投資を考えるのならば、それぞれの物件の特徴を把握する必要があるでしょう。アパートよりマンションが良い、マンションよりアパートが良いかは、それぞれの考え方や状況によって変わってくる部分です。
資産価値としてはマンションの方が高い傾向にありますが、そうなってくると当然購入費用も高くなってくるので、資金不足の人が無理をしてマンション投資に手を出してしまうと失敗した場合の損害が大きすぎる可能性があります。最悪の場合、取り返しのつかないことになることもありますので、自分の経済状況とよく相談して決める必要があります。

投資する側にもそれぞれの経済状況があるのと同じく、入居者にもそれぞれの事情がありますので、人によっては目新しいマンションよりも、築年数を重ねたアパートの方が良いという人もいるのです。
これらの需要をしっかりとくみ取ることがマンションやアパートなどの不動産投資で重要な部分になってきますので、物件特有の特徴を把握しておくことも重要になってきます。

こちらのサイトではマンション投資やアパート投資の特徴やメリット、デメリットについての情報を提供しておりますので、これから不動産投資を始めようと思っている方々は参考にしてみてはいかがでしょう。
不動産投資は上手く活用すれば老後の蓄えに繋がる可能性もある有効な手段となっております。先の見えない未来において色々な選択肢を用意しておくことは賢い行動です。